2019年08月22日

クリスラン、全治8週間

※8/20
クリスラン負傷

クリスラン選手 負傷に関するお知らせ

 湘南ベルマーレは、クリスラン選手が8月17日のJ1第23節サガン鳥栖戦で負傷し、右肘関節脱臼骨折で全治8週間と診断されたと発表しました。

 移籍後リーグ戦3試合出場で、後半68分に途中出場し、81分に鳥栖ゴール前でバイシクルシュートをした後、着地の際に負傷。
 鳥栖の選手が直後に大きな身振りでメディカルスタッフを呼ぶなど、現地で見ていてもただ事ではない感じでした。見えた人は、腕があり得ない方向に曲がっていたと話していたし、もっと重症かとも心配したのですが、少し安心しました。
posted by miyach23 at 04:30| Comment(0) | ベルマーレ情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: