2021年01月10日

齊藤未月、最優秀ゴール賞受賞

※12/22
各賞発表のお知らせ!最優秀選手賞はオルンガ選手(柏)が受賞 史上8人目の得点王とのW受賞に!!〜川崎Fからは史上最多9名をベストイレブンに選出〜【Jリーグアウォーズ】
 Jリーグは、今シーズン活躍した選手に贈られる最優秀選手賞、ベストイレブン等の各賞を発表しました。

 湘南ベルマーレ関係では、齊藤 未月選手の対神戸戦(第27節11月15日(日))の中盤からのロングシュートが受賞。あのシュートはお見事でした。DAZNで観戦していましたが、テレビの前で、息子とハイタッチしてました。凄かったなあ。未月はいつかやってくれると思いましたが。

 その他、ベストイレブンに川崎フロンターレへ移籍した山根 視来選手が初選出。湘南にいたころからこいつはいつか化けると思ってましたが、川崎でいい刺激を受けて、本格化しましたね。
posted by miyach23 at 07:00| Comment(0) | ベルマーレ情報

2021年01月09日

ウェリントン、ボタフォゴから完全移籍

※12/21
ボタフォゴSP ウェリントン選手 完全移籍加入のお知らせ
 湘南ベルマーレは、ブラジル・ボタフォゴSPから、ウェリントン選手が完全移籍により加入すると発表しました。ウェリントン選手は2013年6月から2014年まで1年半、湘南ベルマーレに在籍。7年ぶりの復帰となります。

【プロフィール】
◆氏名
ウェリントン(WELLINGTON)
WELLINGTON LUIS DE SOUZA(ウェリントン ルイス デ ソウザ)
◆生年月日
1988年2月11日(32歳)
◆ポジション
FW
◆身長/体重
186cm/89kg
◆出身地
ブラジル
◆サッカー歴
インテルナシオナル(2007年:ブラジル)⇒ サンカエターノ(2007年:ブラジル)⇒ ナウチコ(2008年:ブラジル)⇒ TSG1899ホッフェンハイム(2008年:ドイツ)⇒ FCトゥエンテ(2009年:オランダ)⇒ フォルトゥナ デュッセルドルフ(2010年:ドイツ)⇒ フィゲレンセ(2011年:ブラジル)⇒ ゴイアス(2012年:ブラジル)⇒ ペロタス(2013年:ブラジル) ⇒ 湘南ベルマーレ(2013年6月) ⇒ ポンチ・プレッタ(2015年:ブラジル)⇒ アビスパ福岡(2015年5月)⇒ ヴィッセル神戸(2018年) ⇒ ボタフォゴSP(2020年:ブラジル)

 ウェリントン、復帰です。ここのところ、出ていく話ばかりで、滅入ってしまいそうな中、いいお話ですね。非常に脆弱なベルマーレの攻撃の要になってくれるでしょうか。
posted by miyach23 at 06:00| Comment(0) | ベルマーレ情報

2021年01月08日

浮嶋敏監督、2021シーズン続投

※12/20
浮嶋敏監督 2021シーズン続投のお知らせ
 湘南ベルマーレは、浮嶋 敏監督が2021シーズンも続投し、チームの指揮を執ることとなったと発表しました。

 今年は、戦力が大幅減の状態からのスタート。6連敗も2度経験し、最終順位は最下位。トップチームの監督は初経験で、チーム状態が最悪だったわけで、それはそれで仕方がなかったのかな。最下位とはいえ、16位までは団栗の背比べですしね。
 来季の戦力がどうなるか、というか、既に主力級がだいぶいなくなることがわかっているわけですが、この状態で、降格を免れる戦いができるか。期待しています。
タグ:人事 浮嶋敏
posted by miyach23 at 07:00| Comment(0) | ベルマーレ情報

2021年01月07日

訃報、久光重貴氏

※12/20
訃報のお知らせ フットサルクラブ 久光重貴選手
 湘南ベルマーレは、フットサルクラブ所属の久光 重貴選手が12月19日に逝去したと発表しました。

 久光選手、以前いた職場で仕事でお世話になったことがあります。肺がんで長く闘病されておりましたが、凄い人でした。
 ご冥福をお祈りいたします。
posted by miyach23 at 18:00| Comment(0) | ベルマーレ情報

2021年01月06日

仙台vs湘南(J1第34節)

※12/19

仙  台湘  南
 前半 
 後半 

会場:ユアテックスタジアム仙台
人数:7,356人
得点:
(湘南)−
(大分)−
警告:
(湘南)−
(大分)85分 松下 佳貴、90+7分 シマオ マテ

 ベガルタ仙台vs.湘南ベルマーレ(J1リーグ第34節)

 雪の中、極寒の中の最終節。
 ホーム未勝利の仙台と、通算150勝を今期で決められるかの湘南の一戦。どちらも勝ちたい。勝たないと、最下位も見えてくる、という一戦でした。

 結果としては、痛恨のスコアレスドロー。仙台の長沢、最後のインタビューで泣いてましたね。それだけ気合の入った試合。試合自体はスコアレスとは思えない、物凄く内容の濃いものでした。
 前半から、CKからの大岩のヘディングが間一髪で掻き出され、松田のシュートがポストに弾かれたり、石原直が難しいトラップからのシュートが止められたり、いつ点が入ってもおかしくない攻撃。後半から入った大橋の積極的プレーもありましたが、結局ゴールラインは割れず。逆に、仙台も、何度もチャンスを作り、後半アディショナルタイムでと一対一のシーンを作るなどしましたが、スコアレス。

 両チーム、気合の入った試合でした。

 これで、このチームでの試合は終了。ストーブリーグに入ります。来年のチームはどんな姿になっているでしょうか。
posted by miyach23 at 07:00| Comment(0) | 試合結果